わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

主は恵み深く、苦しみの日には砦となり、主 ...
続きを読む
/ 聖書から
たゆまず善を行いましょう。飽きずに励んで ...
続きを読む
/ 聖書から
「わたしが命のパンである。わたしのもとに ...
続きを読む
/ 聖書から
話し終わったとき、シモンに、「沖に漕ぎ出 ...
続きを読む
/ 聖書から

日曜礼拝 ≫ 2022年 6月 26日
①午前9時 ②午前11時 ※オンライン配信と併用

『神を信じなさい
マルコによる福音書11章19~25節

日曜礼拝のお話のタイトル

※当教会関係者の方は、これとは別の”関係者専用ページ”でご覧ください。
配布物のダウンロードができます。

先日の礼拝で、教会に来られている一人のご婦人が、庭で咲いていた紫陽花を持ってきてくださいました。

そうして、久しぶりに生花を花瓶にいれて会堂正面に飾らせていただきました。
その紫陽花の花が視界に入るだけで、皆さんのお顔がとてもうれしそうだったのが印象的です。

季節ごとに咲く花々を、美しいと思う。心地よく感じる。どうして?と尋ねられてもわからない不思議です。
それは神さまが人に与えてくださった特別な感覚なのだと思わずにはいられません。
そしてそれらのすべてを造られた神さまの芸術的センスに感動します。
聖書は創世記の神様による創造物語でこう語っています。

そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった。(創世記1:31)

この物語、神話や偶然と見るか、それともこれほどまでの自然のすばらしさや精巧さを、偉大な知恵を持つ方のわざと見るか。その違いで周囲の色々なものの見え方が変わるように思います。

週ごとの日曜日、どうかお近くの教会の礼拝へお越しください(オンラインで行っているところもあるかもしれません)。この季節をきっかけに、聖書の福音のことばに心を向けることができますように。

ウクライナ戦争のために祈り続けます

❖さらに詳細な祈祷要請はこちらより>> https://j-ag.org/notices/祈祷要請/


【お知らせ】会堂内礼拝での注意ご案内

2022/3/10更新

コロナ禍での会堂内礼拝についてご案内します

ご出席される方は、基本的な感染対策及び、分散・短時間礼拝にご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

今後も感染状況の推移などを見て、当教会として適切な対応を心掛けてまいります。

何卒よろしくお願い申し上げます。


1)❶午前9:00 と ❷午前11:00の2回に分けた分散・短時間礼拝
2)基本的感染対策:①マスクの着用 ②手指の消毒 ③検温 ④十分な換気

 ⑤礼拝前後の各所の消毒 ⑥着座席の指定

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました