わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★神の言葉には降伏した方が良い

というのは、神の言(ことば)は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまでに刺しとおして、心の思いと志とを見分けることができる。

(‭ヘブル人への手紙‬ ‭4‬:‭12‬ JA1955)

CJC04.jpg

 自分では、自分が囚われている”思い込み、偏見、誤解、過ち、不敬虔、不信仰、憎しみ、執着”などに気づかない場合があります。
 他の人から指摘されても、素直には受け取れないこともあるのが実際です。

 聖書が記す”神の言葉”は、私たちのそんな心に深く分け入ります。

 そして、この神の言葉には降伏したほうがいいです。

 そうしないと、パロ王やサウル王(旧約聖書の登場人物)のように、頑迷さに支配されて道を誤り、抜け出すことができなくなります。

タイトルとURLをコピーしました