わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★腹を立てる前に…

「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世にきて下さった」という言葉は、確実で、そのまま受けいれるに足るものである。わたしは、その罪人のかしらなのである。
(テモテヘの第一の手紙 1:15)


GUM15_CL13014.png

「罪人」というと、誰かほかの人のことを想像してします。

「あなたも罪人ね」と言われると、腹を立ててしまう。
頭でわかっていても、その「罪人の私」という自覚はあまりわかないのが、普通かもしれませんね。

パウロは、後輩の若い伝道者テモテに、救われた自分のアイデンティティを、謙虚に伝えることで、キリストの真実を証します。

わたしはどうか? そう心を探ることができれば幸いです。

  • 祈り イエスさまの前に、いつのまにか心が鈍くなっていることを感じます。自分の罪に目が開かれ、ゆるされていることを深く知ることができますよう導いてください。

タイトルとURLをコピーしました