わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★人・イエス

信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、神の御座の右に座するに至ったのである。
(ヘブル人への手紙 12:2)


GUM15_CL13012.png

クリスチャンの信仰生活には、導いてくれ、モデルとすべきお方がいます。
それが、人として生きられたイエスです。

ここには、「主」という敬称も、「キリスト」という呼称も用いず、ただシンプルな「人」としての名でのみ指し示しています。
人として、私たちと同じように、信仰者として誠実に歩みぬかれたお方だからこそ、私たちは”ついていくべき模範”でもあるのです。

今日、あなたは、問題や恥を経験することもあるかもしれません。
でも、信仰によって歩むことで迷わないでください。
心を定めて、前を歩まれるイエスさまを見つめ、祈りつつ歩むことができれば感謝です。

  • 祈り イエスさま、あなたに目を向け、今日も歩みます。つまずきやすく、転びやすい者ですが、どうかあなたから目を離さずにいることができるよう、助けてください。
PAGE TOP