わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★与えられていることを感謝!

「終わりまでお前の道を行き、憩いに入りなさい。時の終わりにあたり、お前に定められている運命に従って、お前は立ち上がるであろう。」
(ダニエル12:13)


GUM08_CL02019_1.png

この世は、「終わりの時」が必ずやってきます。
わたしは、その時「善い忠実な僕よ。よくやった」(マタイ25:21)と言ってもらえるだろうか、上の御言葉を読んでいてそう思いました。

わたしたちは、自分というものを”与えられ”、人生を、家族を、救いを、希望を、そして教会を、神さまの恵みの御計画の中で”与えられ”ています。

すべて「神様から与えられている」と気づくところから、感謝が生まれ、自分の存在や人生が意味あるものとして、大切さがわかってきます。

人生の視界には、どうしても人と比べたりして、うらやんだり、時には傲慢になってしまったりすることがあります。

「与えてくださっている神さま」を見上げましょう。そして終わりまで自分を誠実に生き抜くことができれば幸いです。

  • 祈り 神さま。あなたが私に与えてくださっているすべてのものを心から感謝します。今日も、自分の人生を感謝し、誠実に生きることができますよう、どうか励ましと導きをお与えください。
タイトルとURLをコピーしました