わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★パウロの願い

同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください。
(ピリピ人への手紙2:2)


GUM04_CL08047.png

獄中のパウロにとって、愛するピリピの教会への願いは一つだけ、つまり「皆が一つになる」ことでした。

教会には、さまざまな生い立ち、境遇、そして立場や職業、また年齢も好みも、違う人が集まっています。

そんな中、自分と人とを比較、見下したり、劣等感を持つこともあります。そして時に、隣の人にいらだち、人を裁き、またこうされた、こうしてもらえなかった…と、不満が先に立つことさえあります。

一呼吸を置いて、「キリストがここにおられたらどうされるだろう?」。そう考えてみることは、大切なことです。
教会では、ただ知識ではなく、そういう交わりを通して神の愛を教わるのです。

自分が中心ではなく、神さまに中心を置き、神の愛の中から、自分も相手も見つめなおすことを示されるのです。

  • 祈り 神さま、わたしたちに向けられているあなたの愛の深さ、広さ、真実さに心を向けることができますように、わたしの心に気づきを与えてください。そして、その愛のもとに、わたしたちが一つとなることができますように、導いてください。

タイトルとURLをコピーしました