わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★心からの感謝を、礼拝へ

イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、その台を倒し、…
(ヨハネによる福音書2:15)


i15001.png

「宮きよめ」と呼ばれる個所です。

そこに「神を口実にした商売や暴利をむさぼる人々がいた」ということに対して、断固とした態度をイエスさまは取られました。 彼らが、神さまへの恐れも感謝も、敬意も、礼拝の心も失っていたからです。
ところで、わたしたちの礼拝は、そして教会はどうでしょう?

礼拝には、さまざまな人々が集います。病の人、罪を犯した人、悩みや問題を抱えた人などなど。…それでいいのです。
今はただ、イエスさまの完全な犠牲によって、わたしたちは神の憐れみを受け取ることができます。

だから安心して、義務や人の欲望によってではなく、心からの感謝をもって礼拝をささげることができる。そんな神の宮、教会とされていることを覚えましょう。

  • 祈り 神さま。あなたの愛の深さに心を向けます。今、わたしは、自分や人の欲望に左右されることなく、心からの感謝をあなたにささげたいと願っています。どうか、わたしの礼拝の心を深く探り、また正し、祝福してください。

タイトルとURLをコピーしました