わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★神が気づきを与えてくださるとき

見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこに行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。
(創世記28:15)

兄エサウを逃れ、ヤコブは父の家を離れて旅立ちました。
将来への不安と孤独を感じていたのではないかと思います。

そんな彼を、主はその臨在と約束の言葉をもって励ましを与えました。
神さまがヤコブの将来ににご計画をお持ちであることを知った。それは神さまの主権にある事柄でした。

ヤコブは大いに励まされ、それまで以上に神を自分の神として仕える思いを新たにされていったのです。

人はだれでも、親由来ではなく、神の前にただ一人ありのままの自分として立たされて、神さまを神さまとして知るように、気づくようにと迫られる機会があります。

神が共におられること、神の約束と励ましを忘れないでください。そして「見捨てない」と言われたあなたの神の真実を信頼して、その信頼によって今日の一歩一歩の歩みを進めましょう!

-祈り 神さま、あなたがわたしを愛して、あなたの恵みに対する気づきと約束の言葉をくださいました。その約束は今も変わることなく私の支えです。どうかわたしの霊を豊かに祝福し、あなたへの思いを新たにして、あなたへの信頼によって今日の一日を歩むことができますよう、導いてください。

タイトルとURLをコピーしました