わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★神が共にいてくださる

あなたがたはわたしに悪をたくらみましたが、神はそれを善に変え、多くの民の命を救うために、今日のようにしてくださったのです。
(創世記50:20)

兄たちの蛮行により奴隷として売られることで始まったヨセフの苦難の半生でした。

しかしヨセフはどんなところでもその不満を口にするのではなく、神が共にいてくださることに気づき、またそれを大切にしていました。そして不思議な御手でエジプトの総理大臣にまで引き上げられていきます。

のちに飢饉が起こり、またもや不思議な導きの中で家族との再会を果たします。

ヨセフは、自分の人生に「神さまが共にいる」ことを認め、この神の摂理と導きの中でこの再会と和解があることを告白しています。人の悪のたくらみも、神さまが多くの民を救うための善に変えてくださったと。

あなたは今置かれている人生に「神が共におられる」ことを知っていますか? 人があなたに対して悪をはかり、悩みをもたらす時にも、そこでも「神が共にいてくださる」ことを知っていますか? 環境や状況がどんなに悪いところでも「神は共にいてくださる」。この一点に信頼を寄せて、恨みや不平ではなく、神への賛美を心に誠実に歩みましょう。

  • 祈り 主よ、今日もあなたがわたしと共にいてくださっていることを感謝します。わたしの心と口から恨み言を取り除き、あなたへの賛美と感謝をささげる者として聖別してください。
タイトルとURLをコピーしました