わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★蓋(ふた)をしていませんか?

そのとき、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂け、地震が起こり、岩が裂け、…
(マタイによる福音書27:51)

イエスさまが十字架上で息を引き取られたとき起こったさまざまな事象です。

これらの天変地異の出来事を、その場にいた人たちはどんな風に思ったのでしょうか?
ある人は、「この方はまことの神の子であった」と気づいた。

でも多くの人はそれを事象そのものに驚き怖れても、イエスさまのことに気づこうとしませんでした。これだけのことが起こってもなお…。そう思います。

それが、心に蓋(ふた)をしてしまった人の姿です。自分の正しさを捨てない人の姿です。

イエスさまは、ご自分を捨てて十字架上で死なれました。それがどれほど大きな出来事であったか、今日の御言葉はわたしたちにあらわして気づきを促しているのです。

  • 祈り 主よ、誰か、ほかの人のことでもありません。わたしのためにイエスさまが十字架上で命をも捨ててくださったことを感謝します。これほどまでの愛と犠牲を、心から感謝をもって受け取る、純粋な心を守ってください。
タイトルとURLをコピーしました