わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★信仰の告白

神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えれるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。
(コリント人への第一の手紙10:13)
「神は真実な方です」。この信仰告白が、わたしたちの日々の歩みを支えます。
事実、神は真実なお方だからです。
今、わたしたちが生きている世界は、等しく同じ災禍の中に置かれています。
わたしたちクリスチャンもまた、ともに集まる、という使徒時代のような礼拝さえ困難な状態にあります。
そこに置かれている中で、「神さまは真実です」と、心を込めて告白しましょう。
一時期の物事の浮き沈みで揺さぶられたり、比較したり、だれかを批判したり、自分の正しさを主張するのではなく、まず神さまを求めましょう。
そうやって、この状況下で「共におられる神さま」が、わたしたちを導いてくださる歩みを見出します。一歩一歩丁寧に、誠実に、そして心を込めて。それが主にある「逃れる道」となることでしょう。
  • 祈り 主なる神さま。わたしの心をいやしてください。日々聞こえる状況の悪化や悩みのゆえに、心がゆがむ…そんな自分を見ることがあります。どうか、まずあなたを求め、あなたに頼り、あなたと共に生きる者としてください。
タイトルとURLをコピーしました