わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★心を働かせて、口ずさむ

主の教えを愛し、その教えを昼も夜も口ずさむ人。
(詩篇1:2)

「いかに幸いなことか」(:1)で始まる、主なる神に誠実に従って生きる人の幸いを語っています。
その最も積極的な歩みが今日紹介されています。

ただ盲目的に、言われたから言われたことをやるに至るというのではなく、主に愛されていることを知り、またを愛しているから、そのお言葉を味わい、応答していくのです。

わたしたちはただ文字に支配され、束縛されるのではありません。そこから律法主義が生まれます。

いつでもそこにわたしを思ってくださる神さまに目を留めて、その思いを受け取るために、、心を働かせてその教えを「昼も夜も口ずさむ」のです。
ここから大きな違いが生まれます。

  • 祈り 主よ、あなたの御言葉がわたしを幸せに導きます。どうかあなたの思いを受け取り、信頼して日々歩む者として導いてください。
タイトルとURLをコピーしました