わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

慈しみの中へ

わたしは神が宣言なさるのを聞きます。主は平和を宣言されます。御自分の民に、主の慈しみに生きる人々に、彼らが愚かなふるまいに戻らないように。
(詩篇85:9)

 一番大切なことは、わたしたちが主のもとに自分をおき、その慈しみの中に生きることです。

 そのために神さまは、わたしたちに律法をくださり、そして何よりもひとり子イエスさまをくださいました。
 わたしたちが、神さまから離れて生きる時、そんな私たちのことで一番心を痛め、悲しみを覚えられるのは神さまです。
 
 神さまは、イエスさまを通して完成された福音によって、わたしたちを平和に招いてくださっています。ただイエスさまを信じて帰ってくればいいんだよと、告げてくださっているのです。

  • 祈り 主よ、あなたの慈しみの深さに心から感謝します。今日、心からあなたを愛し、あなたを求め、あなたと共に生きることができますように、どうかわたしの心をやらわげ導いてください。
タイトルとURLをコピーしました