わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★生きざまの土台を宣言する

「…わたしとわたしの家は主に仕えます」。
(ヨシュア記24:15)
わたしたちには、さまざまな生き方の選択肢も自分の好みや都合によって選べる将来も、さまざまあることでしょう。
そういう中に生きるわたしたちにとって、この宣言はどんな風に聞こえるでしょうか?
子どもたちの価値観、何を一番大切なものなのか…を知る、そういう生きざまの土台となるものを親は家族にあらわし続けます。
「まことの神を礼拝する」礼拝生活は、その中心にあります。
この世の多くの評価されているものにまさって、まことの神さまを礼拝する「主に仕える」ことの大切さを、日々告白し、宣言しましょう。
実にその差は、必ず終わりの日に明確にされます。
  • 祈り 主よ、あなたを心から礼拝します。今日の一日もまた、あなたを礼拝して始めます。どうか今日あなたの御言葉と気づきを与えていてください。
タイトルとURLをコピーしました