わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★聖という標準へのアプローチ

 

イスラエルの人々の共同体全体に告げてこう言いなさい。あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である。
(レビ記19:2)
 
神さまが語る「聖」という標準へについて、真摯な関心を持つことは大切なことでしょう。
 
神さまは、わたしたちを(聖なる)ご自分にかたどって造られた(創世記1:27)とあるからです。そして「聖」は、わたしたちの生きる標準として示されたさまざまな戒めの土台となるものだからです。
 
確かに罪を犯しやすいわたしたちは不完全です。だからこそイエスさまの十字架にある赦しを謙虚に受け止めつつ、神さまの御言葉に聞き従って生きます。
自分の力ではできません。でも神さまご自身がその生きざまをサポートしてくださいます。
 
今、祈りつつ神さまを心の中心に迎えて、神さまとともに生きましょう。それが鍵です。
 
  • 祈り わたしを愛し、共にいてくださる神さま。あなたがわたしの弱さを覆い、わたしの生きざまを覆ってくださることを感謝します。あなたとともに歩みます。わたしの心をきよめ、支えていてください。
タイトルとURLをコピーしました