わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★恨み心を手放す

 

「…また、立って祈るとき、だれかに対して何か恨みに思うことがあれば、赦してあげなさい。そうすれば、あなたがたの天の父も、あなたがたの過ちを赦してくださる」。
(マルコによる福音書11:25)
 
恨む心を手放せないでいることが、自分自身を深刻に毒します。
それは神さまの赦しを受け取ることを妨げます。
 
神さまの赦しと解放を完全に受け取るためにも、その恨み心を手放し、「赦してあげなさい」というイエスさまの言葉に覆われて赦し、恨みを手放すことです。
ぜひ信じてそうしてみてください。
そこから恨み心を握りしめた歩みではなく、赦しと安心に覆われた新しい心と思いと歩みが始まります。祈りが祝福されることがわかります。
 
  • 祈り 神さま、恨む思いへの誘惑は、身近に次々とやってきます。けれどもあなたの十字架の福音のもとで、赦されていることのかけがえのない喜びを手に、その恨み心を手放します。どうかわたしの平安を守ってください。
タイトルとURLをコピーしました