わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★死の問題について

 
キリストは死を滅ぼし、福音を通して不滅の命を現して下さいました。
(テモテへの第二の手紙1:10)
 
人が自分の力や知力、能力、権力を結集しようと、決して打ち破ることができない壁、それが「死」の問題です。
現代医学の貴い働きを通しても死は避けられない。なぜならそれは医学以上の問題。聖書は「罪」つまり神さまとの関係の断絶から始まっていると語るのです。
 
それでも神さまは、再びわたしたちに命をくださるために、罪なきひとり子イエス・キリストを人として遣わされました。キリストはわたしたちの罪の呪いをすべて受けて死んでくださり、罪を解決し、そして死からよみがえらされました。それを「キリストは死を滅ぼし」とある通りです。キリストご自身は罪のないお方だからです。
 
神が遣わされ解決された罪と死の問題を、信じて受け入れていくとき、わたしたちはたとえ死んでも生きるとされます。不滅の命にあずかるのです。すでにキリストによって証明され、わたしたちに約束されたのです。だから大切なのはこの福音を信じて受け入れることです。
 
  • 祈り 神さま。あなたがわたし愛して、キリストによって罪と死の呪いから解放してくださったことを感謝します。「キリストが死を滅ぼし、…不滅の命を現した」この言葉をしっかり心にとめて、歩む者となります。
PAGE TOP