わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★貧しいからこそ

 

さて、イエスは目を上げ弟子たちを見て言われた。「貧しい人々は、幸いである、神の国はあなたがたのものである。…」
(ルカによる福音書6:20)
 

貧しい人の幸いを語るイエスさまに抵抗感を覚える方もおられると思います。
しかし、イエスさまは貧しい人々の幸いをはっきり語ります。
ここでイエスさまは、ご自身に従う弟子たちに目を向けて語られました。

貧しいからこそ、神さまを求め、心から頼る者でいることがわかります。

地上での生涯はわずかです。しかし神の御国での生涯は永遠です。
この地上での目に見える生活しか知らない人には、愚かに思えるでしょう。
けれども、自分を顧みてくださる神さまに心を向ける人は、神さまが来たるべき日に報いてくださることをも信じ、期待して生きているのです。

あなたはいかがでしょうか?

  • 祈り 主よ、わたしの心はこの世で富める者へのあこがれと妬みでこころが探られることがあります。しかし、今わたしが置かれている貧しさから、まことにあなたを慕い求め愛する者とされていることを心から感謝します。どうかこの障害での思いと歩みをきよめてください。
PAGE TOP