わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★無関係なものはひとつもない

生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。

(ガラテヤ人への手紙2:20)

「信仰によって生きる」。それは聖書に示されるわたしたちの生き方へのチャレンジです。
それはすなわち、キリストにしっかり結ばれて生きることです。

わたしたちの生きざまにキリストと無関係なものはひとつもありません。

いつでもキリストが共にいてくださることを認め、感謝し、そしてこの方に耳を傾けることを大切にしましょう。またその導きに聞き従うことを大切にしましょう。

どれほどその愛によって、わたしの今の生が支えられているか、将来に希望が与えられているかを、この手紙を書いた信仰の先輩者パウロは自ら実感して語ります。

わたしたちにも与えられているこの愛と実感を大切にしてください。決して手放さないでください。

  • 祈り 主よ、どうか今日、どこにあってもあなたの御声と導きの中を歩ませてください。誘惑や惑わしや悩みに引きずられて道を間違えないように。ただあなたの愛を受けてあなたとともに歩む者としてください。
PAGE TOP