わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★安心して生きるために

イスラエルよ。今、わたしが教える掟と法を忠実に行いなさい。そうすればあなたたちは命を得、あなたたちの先祖の神、主が与えられる土地に入って、それを得ることができるであろう。

(申命記4:1)

今、自分の生きている所で安心して生きるためには、その国の法律や常識や文化を尊重することが大切です。ただし、世界の歴史をよく見るとわかる通り、時にどんな国も、周囲も、また偉い人も、そして民意も、過ちを犯してしまうことがあります。

聖書は、天地を造られた神さまの御心を語ります。そして本物の命と祝福を語ります。
神さまの願いは、わたしたちが神さまを信頼して従い、その用意された命と祝福、そして安心をいただく者となることです。

でも現実には、時代はどんどん神さまの御心から離れていく…、そんな風に思う時もあります。

そんな現代を生きるわたしたちに、聖書は、イエス・キリストを示し、赦しを語ります。わたしたちを愛し迎えてくださる神さまを語ります。

だからわたしたちは、このまことの神さまを信じて、今日のこの語り掛けを、自分たちに適用し、その祝福をいただくことができるのです。感謝。

  • 祈り 天地の造り主なる神さま。この時代の中でも、あなた祝福の言葉の中に、わたしたちを置いて導いてくださることを感謝します。どんな時にも、まず祈り、そしてあなたへの信頼を告白して、あなたの道を歩むことができるように導いてください。
PAGE TOP