わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★信じたことを無駄にしないように

どんな言葉でわたしが福音を告げ知らせたか、しっかり覚えていれば、あなたがたはこの福音によって救われます。さまないと、あなたがた信じたこと自体が、無駄になってしまうでしょう。

(コリント第一の手紙15:2)

「キリストの福音」は、人を救う神さまからの賜物です。
それに付け加えても、間引いてもいけません。
ここでパウロ自身、何を伝えるかにこだわり、聴く人にはそのまま受け取り覚えてもらいたいと願っています。

世の中には、異端という”紛(まが)い物”があります。福音を自分たちの都合で改変し、人を惑わします。「あなたがたが信じたこと自体を無駄にする」ような、それは似て非なるものです。

繰り返します。わたしたちが信じているのはキリストの福音です。
その福音を「しっかり覚えて」いるためにも、キリストにつながり聖書に耳を傾けましょう。

  • 祈り 主よ、今わたしたちは聖書を手元で読むことができる時代に生きている幸いを感謝します。どうか、わたしに霊的理解力と信仰を与え、あなたの福音に生き抜く祝福と力をお与えください。