わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★ああ、違ったんだ…とわかる

けれども、人は律法の実行ではなく、ただイエス・キリストの信仰によって義とされると知って、わたしたちもキリスト・イエスを信じました。これは律法の実行ではなく、キリストへの信仰によって義としていただくためでした。なぜなら律法の実行によっては、だれ一人として義とされないからです。

(ガラテヤ人への手紙2:16)

「わたしたちの過ちは、神御自身を除いてはだれもわたしたちをきよめることはできないのに、…自らきよくなろうと努めていることにある」という言葉を読んだことがあります。

パウロも、以前は一生懸命自分の力で自分をきよくしようと真剣に努めていました。

しかしイエス・キリストに出会って、「ああ、違ったんだ。わたしにはこの方の恵みが必要だったんだ」とわかったのです。そんな経験が、今日の言葉で表されています。

 「人は律法の実行ではなく、ただイエス・キリストの信仰によって義とされると知って、わたしたちもキリスト・イエスを信じました」と。

努力は貴いものです。ただ救われるために重ねる努力と、救われている感動と感謝から生まれる努力では大きく違うと知ることは大切です。

救いを知る人は、いつでもすなおにイエスさまに頼ることができるからです。

  • 祈り 主よ、わたしはあなたを信じて救われました。今日も一日、あなたの恵みに感動しつつ、御心にかなう歩みをすることができますように、どうかあなたが共にいてわたしを導いてください。