「わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。」1ヨハネ4:16(聖書)

都島中央キリスト教会 大阪・都島区 京橋駅から10分 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団

★その状況の中で主を経験する

★その状況の中で主を経験する

「足がよろめく」とわたしが言ったとき、主よ、あなたの慈しみが支えてくれました。
(詩篇94:18)


GUM05_CL13085.png

詩篇には、人がおかれたさまざまな状況や経験が語られています。
そればかりか、そこで味わう悲しみや怒り、おそれや不安さえもありのままに記されています。

もし詩篇がそれだけしか記していないのであれば、ただの苦労の経験談です。
しかし、詩篇はその中で、神さまを経験する作者の喜びや感動も記しているのです。

苦労は苦労で終わりません。困難や悲しみ、ときには失望や恐れさえも、それだけで終わらないことを信仰者は経験するのです。

だから、私たちは詩篇を声を出して読むことは幸いです。その告白を今の自分の信仰の告白、神さま経験と結び付けていくことできるからです。

  • 祈り 主よ、あながたいつでもどんな時でも、ともにいてくださるから感謝です。あなたはわたしたちの思いや経験に目を向けてくださいます。そしてこの詩篇の作者が経験したように、解決と癒し、そして喜びをも与えてくださいます。期待します。今の問題が問題で終わらない、あなたの栄光を見ることができるということを。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional