わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★イエスさまの幸せの標準

わたしは、あなたがたもこのように働いて、弱い者を助けなければならないこと、また『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた主イエスの言葉を記憶しているべきことを、万事について教え示したのである」。
(‭使徒行伝‬ ‭20‬:‭35)


GUM12_CL17100.png

弱い人のために時間をささげること、犠牲を払うこと。イエス様のこの地上での人生は、そのように費やされました。

そして万事ついてそういう生き方を示して語られたのです。ここにこそ幸いがあると。
イエス様は本来の人の幸せの標準を示し語られました。

一方で、わたしたちの周囲には、「得よう、だれよりももっと得よう」と一生懸命で、ちっとも満足できない人生があります。
神さまに背を向ける罪の性質は、本物を見せないように、知らせないように…と惑わします。

さて、多くの人がイエスさまのその言葉と歩みに感動を覚えるのはなぜでしょうか。
実はそこに本物があるから、、、そうではないでしょうか。

PAGE TOP