わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★足を向けては眠れない

こういうわけで、今やキリスト・イエスにある者は罪に定められることがない。
(ローマ人への手紙 8:1)


GUM05_CL01026.png

「あの人に世話になった。あの人のお宅の方角には足を向けては眠られない…」、そういう言葉を聞くことがあります。

果たして、クリスチャンは神さまに対してそのことをよく知る人たちの集いです。

聖書が明確に語るのは、キリスト・イエスを信じる者は、罪ゆるされ義と認められるということです。

ただ都合よく罪が帳消しになったということではありません。

キリストが私たちの罪のもたらす刑罰すべてをその身に受けて十字架で身代りに死んでくださったからです。

まず、罪のゆるしの確信をもち、そして心からの感謝を持て歩みましょう。

タイトルとURLをコピーしました