わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★愛していればこそ

主に懲らしめられても、腹を立ててはいけません。 あなたを愛していればこそ、そうするのです。 父親がかわいい子どもの将来を思って 罰するのと同じです。
(箴言 知恵の泉 3:11)


GUM05_CL14184.png

子どもの時ばかりでなく、青年になっても、親に注意され、叱られると、腹を立てることがあります。

ふつうに親子の関係の中であることです。

もし叱られたから腹を立て、それを無視するだけであるなら、その人はまず成長することはありません。

友だちというのは時に都合の良い存在です。自分の好みや勝手に一緒になってくれるからです。

でも、あなたの将来のことを思ってはおらず、洞察もせず、ただ楽しみを一緒にしているだけかもしれません。

今日、神さまの言葉をすなおに聞く心があれば幸いです。
主は、愛すればこそ、あなたを懲らしめることがある。
「あなたを愛してればこそ」と知ることができれば幸いです。

それが、聖書が語る知恵の言葉です。

PAGE TOP