わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★まさしく”つらい”と思う中に

おおよそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです。
(ヘブル人への手紙12:11)


画像の説明

「鍛錬」を、新改訳では「懲らしめ」とも訳して、普通の感覚としてさらに辛(つら)そうだな…と思ってしまいます。

しかし聖書は、その鍛錬であっても、また懲らしめであっても、わたしたちに有益に働き、わたしたちを建てあげる”目的がある”のだと解説しています。

ただ「鍛錬」はどのような形でやってくるかわかりません。ときには、明らかに自分が一番苦手なものとしてやってくること。また自分が得意分野としていることで挫折。人の裏切りや事故や病。報われない努力や喪失体験…などなど。

まさしく”つらい”と思えることの中で、この御言葉を思い起こすことができれば感謝です。
主はわたしたちの内にあり、わたしたちを最もよくご存じで、わたしたちのこの体験を通して、わたしたちが整えられるように、備えてくださっているからです。

  • 祈り 主よ。あなたがどんな鍛錬をも、善い意図をもってわたしを整えてくださることを感謝します。この中で誠実に主に従い一歩一歩前へ進むことができますように、どうか祝福していてください。

タイトルとURLをコピーしました