わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★しあわせ

わたしは、神に近くあることを幸いとし、主なる神に避けどころを置く。
(詩編73:28)


GUM15_CL11034.png

それぞれの人生において経験は様々です。
思いがけない悲しみや苦悩を経験することがあります。

ある人は、戦争を経験し、ある人は災害を経験したことがある。
また深刻な病や事故、時には別離やや喪失、破産や飢饉などなど。
予測もしなかった事態の中で、わたしたちは変わることのない、まことの神に目を注ぎます。
そこに幸せがあることを知っているからです。

この方は変わらない。その愛といのちにかかわる約束は決して損なわれません。
この神さまのもとにいることで、人は初めて心からの安心を味わうことができるのです。

(新改訳)「しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです」。
安心を実感した素敵な表現だな…そう思います。

  • 祈り 神さま、あなたのもとに身を置き、心をあなたの思いに向けています。今日も御言葉をもってわたしを導き、あなたの愛の中を誠実に歩む者としてください。あなたこそ変わることなく、わたしの主なる神だからです。

タイトルとURLをコピーしました