わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★本気で待ち望んでいるか?

わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。
(テモテ第二の手紙4:7)

パウロが歩んだクリスチャンとしての半生は、迫害や困難の体験の中に置かれたものでした。彼は「戦いを戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました」と表現しています。

パウロは、いつも受け取るべき神さまの約束と祝福を見ていました。
この節の直後にはこうあります。

「今や、義の栄冠を受けるばかりです」と。

はたしてわたしたちは、どれほど神の約束、御国での祝福を本気で待ち望んでいるでしょうか?
そしてその約束によって、今を生きているでしょうか?
パウロが見ていたものは、パウロだけのものではありません。彼はこう言っています。

「しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます。」(:8b)

  • 祈り 主よ、終わりの日にあなたがくださる約束された祝福、義の栄冠をこころから求め待ち望みます。そして今のこの時の困難の中でも、永遠の主に信頼して従います。どうか、世と世にある惑わしに負けず、主に従って善をなすことができますよう、導いてください。
タイトルとURLをコピーしました