わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★祈りつつも抵抗していませんか?

あなたの業を主にゆだねれば、はかることは固く立つ。
(箴言16:3)

少し考えてみてください。
「あなたがしようとしていることは何ですか?」
「あなたがしたいと願っていることはなんですか?」

それを神さまに祈りつつ行う。
そのとき、心から「主にゆだねる」ようにと勧められています。
それは、自分の願った通りになる…ということではありません。
それでも、神さまはわたしに最善をご計画なのだ…と、謙虚に耳を傾け従うことです。

多くの人が、ここで祈っていながらも抵抗します。
「そうは言いますが、わたしは違うと思う。聞きたくありません。わたしはこうしたいのです」と。

「ゆだねる」ことには、神さまへの心からの信頼して耳を傾け、そして従うということです。
そうすれば、神さまのやり方で、わたしたちの計画を祝福してくださると言われているのです。

  • 祈り わたしたちは、しばしば自分の知識、知恵、経験、方法や願いに縛られて、神さまの思いや御声、その導きに抵抗しやすいものです。自分の強い主張を思いと口にするとき、深呼吸して、聖書に耳を傾け、あなたに「あなたの御思いは何ですか。わたしにさとりを与え、従う者としてください」と祈る者としてください。
タイトルとURLをコピーしました