わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

神さまとの”時”を大切に

涸(か)れた谷に鹿が水を求めるように、神よ、わたしの魂はあなたを慕い求める。
(詩篇42:2)

あなたはどれほど神さまを慕い求めていますか?

あなたの生活の中で、どれくらい神さまに尋ね、神さまを求めていますか?

神さまに訴え、神さまの諭しを聞き、神さまの導きを知り、神さまに従って歩む。

意識して、自分の時間を神さまの前にささげていくことを大切にすることです。

人は、神さまなしでも生きられるかのようにふるまい、またそうして過ごすうちに、霊的感覚が鈍くなります。…それは巧みなサタンの罠と言えるでしょう。

どうか、神さまを慕い求める、そういう時を大切にしましょう。

  • 祈り 主よ、わたしの心を探り、霊的鈍さを清め癒してください。あなたを求め、あなたの御声を聞くことで与えられる喜びと慰め、祝福を大切にすることができますように。
タイトルとURLをコピーしました