わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★どう聞くか、どう受け止めるか

そのとき、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。
(マタイによる福音書3:17)

マタイ、マルコ、ルカでも記されたイエスさまの洗礼時に、神が人に聞こえるように証言した言葉です。

ただこの言葉を聞いた人たちが、どんな反応や応答をしたかは聖書は記していません。

それがどんなに印象深い出来事でも、聞く人たちの心によってそれは変わります。

「神さがそう語られるのですから」とそのまま受け止められるか、それとも「でも自分はこう思う」と言って、そのことばを薄めてしまうのか。

今日も、この言葉を聞いて、改めてイエスさまこそ神さまの子、わたしの救い主と告白できるならば幸いです。

  • 祈り イエスさま、あなたがわたしの主、わたしの救い主です。心からあなたを愛し、礼拝します。どうかわたしの心に触れて聖志を与えてください。
タイトルとURLをコピーしました