わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★誠実な歩みへの招き

神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。
(ローマ人への手紙8:28)

最近、毎年思っていること。それは今年も、「想像もしなかったような問題を経験している」ということです。

今、新型コロナウイルス感染禍、それだけでない、病や、経済的な問題、家族のこと…など、わたしたちは自分たちでコントロールできると思っていたことにさえ、それが難しいことを経験します。

ひとりで、また家族一丸となって、頑張っている…。
そんな中クリスチャンのわたしたちは、まず神さまに祈り、神さまに信頼して歩むことを大切にしましょう。思ったようにならないことも、想像もしなかったことも、神さまはご存知です。神さまがすべてのことを益としてくださることを信じて、今日与えられた歩みに誠実であることです。

クリスチャンの最大の幸いは、よいご計画をお持ちの神さまを知っているのことなのですから。

  • 祈り 主よ、わたしたちがすでに経験してきたこと、またこれから経験することのすべてが、あなたの御手の中にあることを思います。どんな状況下でも、あなたを信じ、あなたを愛しますあなたを礼拝することをやめません。あなたがどんなことをも、用いて、最善をなしてくださることを私たちは知っているからです。アーメン!
タイトルとURLをコピーしました