わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★悪を避ける


右にも左にも偏ってはならない。悪から足を避けよ。
(箴言4:27)

わたしたちの信仰生活には、いわゆる”寄り道”や”誘惑”がいろいろ存在しています。
だから箴言は「:24何を守るよりも、自分の心を守れ」「25 目をまっすぐ前に注げ」と告げています。

もし道を外れたら、わたしたちは人生で過ちを犯し、祝福を逃し、周囲にも影響を与えてしまいます。

質(たち)が悪いのは、自分に都合の良い「悪」です。
神さまに喜ばれない…、けれども今の自分には都合がいい、そんな悪もあります。
気をつけていないと、それを正当化することさえあります。

まずその悪を避けることが大切、というのがわかりますね。

  • 祈り 主よ、わたしの心をただし、清めてください。もし今、あなたに喜ばれない思いを抱いて歩んでいるようであれば、気づきを与え、それを避ける思いと勇気を与えてください。主よ、あなたの道を歩みたいのです。
タイトルとURLをコピーしました