わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★「来てください」と言える

御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください。」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。
(ヨハネの黙示録22:17)

教会は、イエス・キリストが再び来られる日を待ち望む信仰を持っています。
「来てください」と言える。その日は、また終末と永遠の祝福をも意味します。
 
世の時代のわざわいや悩みの中に生きる中で、心の渇きを覚えるのは人間として当たり前のことです。人は、まことの神さまと共にあって、初め、本物の安心を得ることができるからです。
 
福音書にあるイエスさまの招きの言葉もまた印象的です。
ヨハネの福音書7:37-38「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」

「それをただで受けなさい」と。ただイエスさまを信じて生きることへと招かれているのです。

  • 祈り イエスさま。あなたはわたしの悩みや恐れをご存じです。そんなわたしたちを永遠の命の希望と祝福へと招いてくださっていることを感謝します。わたしの心を覆う闇を取り除き、あなたの希望の光で満たしてください。
タイトルとURLをコピーしました