わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★気をつけましょう

どんなことでも思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。
(ピリピ人への手紙4:6)
気をつけましょう。思い煩いは、目も心を塞いでしまうことです。
獄中にあったパウロの心は塞がれてはいませんでした。
むしろ神さまを見上げて、その中で感謝し、喜びを感じていたのです。
 
今、それぞれが置かれているどんな状況下にあっても、神さまに目が開かれているでしょうか?
神さまがついていてくださること、神さまがすべてをご存知であること、神さまが良いお方であることを告白して、感謝と今ある自分の願いをそのまま神さまに祈ること、それが大切です。
 
そしてこの御言葉には続きがあります。
:7 そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。
 
  • 祈り 神さま、今、長く続くこのコロナの状況下で多くの制約と不安、不満が覆っています。わたしの目を開いてください。あなたを心から思い、感謝し、そしてあなたと共にある喜びを満たしていてください。今日もあなたとともに歩みます。
タイトルとURLをコピーしました