わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★礼拝のありさま

 

自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。
(ローマ人への手紙12:1)
 
これまでも、そして今もこの御言葉を聞くとき、自分自身の神さまへの態度と献身の誠実さが問われます。
 
それは、毎朝の祈りの時に、特に主の日の礼拝の中で探られます。イエスさまはご自身をささげてわたしたちをとりなしてくださいました。そこには大きな痛みと悩みがありました。けれどもそのすべてを、わたしたちへの圧倒的な愛が覆ったのです。
 
わたしの礼拝がそんな動機の中でささげられているだろうか。今日の御言葉は読むとき、改めて心探られるのです。あなたにとってはどうでしょうか?
 
  • 祈り 主よ、今日わたしの礼拝の心を探ってくださり、ありがとうございます。どうかあなたを思う心をきよめあなたを愛する者として整えてください。
PAGE TOP