わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★気づきから始まる

 

わたし、わたしが主である。わたしのほかに救い主はない。
(イザヤ書43:11)
 

神ご自身が、愛をもって手を伸べてきた民に対して、ご自分を主張された言葉です。


霊的な盲目状態(:8)の中で、民はどんな風にこの言葉を受け取ったでしょうか。


今、わたしたちイエス・キリストの十字架と復活を聞き、知ることで、わたしたちに向けられた神さまの愛と真実に気づかせていただいています。
そして何より、わたしたちの心に働きかけてくださる聖霊なる神が、わたしたちに気づきを与えてくださいます。

この気づきに始まって、わたしたちは本当の意味で神さまに信頼して生きることの幸いを知ることができます。祈ることの大切さ、聞き従うことの幸いに目が開かれていくのです。

  • 祈り 愛する主なる神さま。あなたが今わたしの心に、あなたに対する気づきを与えてくださっていることを心から感謝します。あなたを心から「主」として信頼して耳傾け、従う者としてください。
PAGE TOP