わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★わたしにとっての神さま

 

「わたしの主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。…」
(出エジプト記20:2)
 

イスラエルの民に与えられた十戒の最初でご自分を宣言された言葉です。
神とは何者であるか?
自分たちにとって、自分たちに何をしてくださった神であるかを最初に示されています。
神は、わたしたちを「エジプト、奴隷の家から導き出した神である」と。
そしてこの神さまが、彼らのその後をも導き支えてくださいました。

私たちも、漠然と神を言葉にするだけでなく、自分たちに対してどんなことをしてくださった神かを明確に告白し、心に刻むことが大切です。


神は私たちを愛してくださいました。ひとり子イエス・キリストの犠牲をもってわたしたちを罪と永遠の滅びからあがない、救い出して永遠の命を与えてくださったお方です。


自分にとっての神さまがはっきりした時に、そこから聴く神さまの言葉の数々の真実さが変わります。

  • 祈り わたしの救い主なる神さま。わたしを罪から救い、永遠の命の約束のもとに、今、わたしたちをこの時代で用いてくださることを感謝します。どうかあなたの御言葉をもってわたしたち導いてください。
PAGE TOP