わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★わたしの起源(ルーツ)

主なる神は、土[アダマ]の塵(ちり)で人[アダム]を形づくり、その鼻に息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

(創世記2:7)

「その鼻にいのちの息を吹き込まれた」(別訳)とある言葉にわたしたちの命のルーツを見ます。

自分と向き合う時、自分の起源(ルーツ)を、偶然という進化の延長線上に見るか、神さまに、尊く造られた意味のある存在と見るか。その違いが生き方の違いを生み出します。

そうして、善く生きるということも、だれかのために生きるという思いも、偶然のものではなく、神さま由来のものであるとわかるのです。

「わたしは、こうして生きる者とされた」と言いあらわす。その時自分の人生に神さまの導きと祝福を迎える歩みが始まります。

  • 祈り 神さま。あなたが天地万物をつくり、また人を、特別にあなたの息をもって命を与えて造らたことを知りました。あなたがくださった私の人生を大切にします。どうかわたしの道を開き、この歩みを導いてください。
PAGE TOP