わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★ただの使命ではなく

わたしは、ギリシア人にも未開の人にも、知恵ある人にも ない人にも、果たすべき責任があります。それで、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を告げ知らせたいのです。

(ローマ人への手紙1:14-15)

パウロは、人種・立場・地位・教育の有無など違いがあることを知った上で、そのすべての人に福音を宣べ伝えたいと願っています。
それはただの使命ではなく、”果たすべき責任”と表現し、また”心からの願い”として語っています。

同じ手紙の中で彼は、「また、宣べ伝える人がなければ、どうして聞くことができよう」(10:14)と言います。
それは事実です。

わたしたちが救われたのは、福音を語ってくださった人がいたからです。
教会は、そういう誰かの宣教のわざの上に立っています。
わたしたちも、この責任ある働きに参与できれば感謝です。

  • 祈り 主よ、わたしを用いてください。わたしの周囲に、知っている人知らない人に対しても、機会があるごとに福音をあらわすことができますように。そのためにも聖霊に満たしてください。
PAGE TOP