わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★祈るべき指針です

そこで、言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」

(マタイによる福音書9:37-38)

「人手不足」、「働き手の不足・・・」という表現は、現代の日本の各業種で言われることです。その対策がいろいろ工夫されていることも聞きます。

イエスさまが言われるところからも、福音を伝えるという働き手も同様です。
現実に、現代はその問題に直面しています。

ただ、それをいろいろな人々に呼びかけること以上に、イエスさまは、「だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、”収穫の主に願いなさい”」と言われます。

わたしたちの祈りの方向性を示す、はっきりとした指針です。
あらためて、わたしたちの教会でもこの御言葉に応えて祈るようにしましょう。

  • 祈り 主よ、今この日本に、そして世界に、そしてわたしたちのこの地域に、わたしたちの教会に、人々の救いのための働き手を起こしてください。あなたの霊的な呼びかけに応えて、福音の証し人、また宣教者として立つ者たちが起こされますように。わたしたちの生きるこの時代に、わたしたちの教会に本当に必要なのです!。