わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★「賜物」ということばを巡って

事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。

(エペソ人への手紙2:8)

「賜物」という言葉が、どう聞こえ、どんな印象を与えるかを見ておきましょう。

聖書が語る救いは、「神さまからの恵みの『賜物(たまもの)』」です。
贈り物とも言われます。

一方で、同じ「賜物」でもよく耳にするのは、「努力の賜物」「苦労の賜物」という風に、努力の結果の”実り”のように言われることがあります。

聖書は、「このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です」と語るので、この違いははっきりしています。

救いについて、ちゃんと”聖書から聴き理解すること”の大切さがわかりますね。
結論、「やっぱり聖書を読まなきゃ!」です! (^▽^)/

  • 祈り 愛する天の父なる神さま。あなたが、ひとり子イエス・キリストのいのちの犠牲を通して私たちにくださった救いを心から感謝します。これはあなたからの恵みの賜物です。このことをそのまま受け取る者としていてください。