「わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。」1ヨハネ4:16(聖書)

都島中央キリスト教会 大阪・都島区 京橋駅から10分 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団

★義(ただ)しい関係へ

★義(ただ)しい関係へ

自分の罪を公けに言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。
(ヨハネ第一の手紙1:9)


GUM10_CL09025_1.png

救いは、神さまとの”義(ただ)しい関係”の回復です。

そのために、イエスさまが私たちの罪のゆえの恥と死の苦しみのすべてを背負って十字架につけられました。

ですから私たちは、このイエス様を信じて、自分の罪の重荷をすべて下ろすことができるのです。

なかなか過ちや罪、愚かさを、心から認められないでいる、それがわたしたちの罪の現実です。心のどこかで、人のせいにする、状況のせいにする、時には神さまのせいにすることもあります。
最初の人、アダムとエバがそうであったように。

神の真実と正しさを信頼し、すなおに罪を神さまにお話しするところからはじめましょう。そこに神さまの力が働きます。神さまが罪との関係を断ち切ってくださいます。そうして新しい神さまとの義しい関係に生きることができるのです。

  • 祈り イエスさま。あなたが私のため、わたしの罪のために十字架で苦しみと恥を受けてくださったことを感謝します。わたしは自分の愚かさと罪を心から認め、あなたを信じます。どうかわたしを赦し、また不義から清めてください。 

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional