わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★イエスさまについていく

それから群衆を弟子たちと一緒に呼び寄せて、彼らに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」。
(マルコによる福音書 8:34)


GUM04_CL04092.png

イエスさまは生き方、生きる道を示されました。
「自分を捨て、自分の十字架を負う」という歩みを示されています。

自分中心の生き方を手放すことは言葉でいうより難しいものです。だからこそイエスさまに目を注ぎ、イエスさまについていくことが、私たちを自己中心の束縛から解放するでしょう。

それほどイエスさまを見つめ続けて生きることは大切なことであり、また素晴らしいことなのです。

「イエスさまについていきたい」という思いを新たに、今日も一日歩んでまいりましょう。


タイトルとURLをコピーしました