わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★叱る人、叱られる人

愛するあまり、 悪いことをしても何も注意しないより、 しかるときははっきりしかるほうがよいのです。
(箴言 知恵の泉 27:5LB)


画像の説明

区別が必要です。叱るということは、相手に怒りをぶつけることではありません。

心からその人を思い、注意することです。

叱られた人の中には、気分を害し、すなおに受け止めない人もいます。

覚えてください。「叱る人」は相応のストレスを感じながら叱るのです。

何も言わないでいてくれることがが愛ではありません。

自分を叱る人の中に、ちゃんと愛を見いだせる人は幸いな生き方ができます。

タイトルとURLをコピーしました