わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★恵みがともにあるから

主イエスの恵みが、すべての者と共にあるように。
(ヨハネの黙示録22:21)


GUM08_CL04336.png

”恵み”。それは受けるに値しないのにもかかわらず、ただ神さまの側の愛とあわれみによっていただくことができる祝福です。

だから恵みは、何かできたから与えられる…というような”報酬”ではありません。
すべての人にこの”恵み”は与えられています。ただ信じて受けとるだけでよいのです。

世間一般では、自分の努力で勝ち取ったものだから、尊いと言われることがあります。
しかし、それよりももっと尊いのは、ただ恵みとして受け取る神さまの祝福です。

あのイエス・キリストの十字架の苦しみと犠牲によって勝ち取られたゆるしといのちです。
そのすべては、神の側のアクションでした。
それは、だれも自分の努力や力で勝ち取ることのできないものだからです。

わたしは神さまに愛されている。こんな私だけど神さまの恵みが共にある。
だから大丈夫。安心してこの道を前進しようと言うことができるのです。

  • 祈り 神さま、今日もあなたから頂いている”恵み”を心に、歩んでまいります。どうか今日一日も、あなたの思いを持って、私たちに気づきと誠実さを与え、導いてください。

タイトルとURLをコピーしました