わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★イエスさまを想う機会です

互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。
(コロサイの信徒への手紙 3:13)


GUM14_CL04012.png

たとえ当然「責めるべきことがあっても」ということです。

他人事であっても、だれかに「責めるべきこと」があると、周囲に乗っかり批判の心を燃え立たせる…、そんなことはありませんか。

ましてや自分が関係することであれば、相手を責めることは、当然の権利と思うかもしれません。

聖書はそこで、イエスさまを指し示します。十字架上から、わたしたちをとりなし、また身代わりとなられた、主イエス・キリストを示して、「赦し合いなさい」と語られるのです。

その時は、イエスさまがどれほどの愛をもって、わたしをゆるされたかを想う機会なのです。
その愛の深さと赦しの真実を想う機会なのです。
…ただ感謝しかないことに気づくことでしょう。

  • 祈り イエスさま、わたしが責めるべき相手に怒りを持つとき、あなたに目を向ける思いを与えてください。あなたがわたしをどれほど愛し、赦してくださっているか。イエスさまがどれほどの苦しみ、痛み、損失や犠牲を負われたか…。それがすべてわたしのためなんだ、と気づくことができますように、あなたを想う心を与えてください。

タイトルとURLをコピーしました