わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★望みを持つこと、信頼すること

信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。
(へブル人への手紙11:1)


GUM04_CL16196.png

「見えない事実」は、わたしたちの信仰の心に描かれています。

このところを別訳では「何が起こるかわからない先にも、その望んでいることが必ず待っていると信じて疑わないことです」と表現していました。

何より、わたしたちを愛し祝福してくださる神さまがおられるからこそ、わたしたちは「望みを持つ」ことができます。

そう、信仰は、すなわち応えてくださる神さまへの信頼です。
この信頼こそが、信仰生活の祝福のカギとなるのです。

  • 祈り 主よ、わたしは多くの人々が救われ、教会がこの地に祝福の基として認識されることを望んでいます。まだ今わたしのこの目には、まだ何も見えていません。でもあなたはすでにそのことを成し遂げる計画をお持ちであると信じます。あなたの御業がすみやかに成就しますように、どうかわたしたちをお用いください。

タイトルとURLをコピーしました