わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。(1ヨハネ4:16)

★救いの喜び

 

「…人の子は、失われたものを探して救うために来たのである」。
(ルカによる福音書19:10)
 
取税人ザアカイの救われ喜ぶ姿を見てイエスさまが言われた言葉です。
「今日、救いがこの家を訪れた」という言葉に始まるこのイエスさまの言葉は、ご自分の使命を語るだけではない。
…だからうれしいのだ、というイエスさまの心からの喜びをも感じます。
 
わたしたちにとってもそうです。自分の救いがイエスさまの喜び、教会の喜びであったことを知っていますか? わたしたちもまた人の救いにも目を留めましょう。この人、あの人が救われることが、どれほどイエスさまの喜び、わたしの喜び、教会の喜びであるかを覚えたいのです。
人が救われるの喜びを共にできる、イエスさまの救いの業を見て喜ぶことのできる。それが教会の姿ではないでしょうか
 
  • -祈り 主よ、わたしの救いを喜んでくださり心から感謝します。私もまた誰かの救いのためにお役に立ちたい。私もその救いをともに喜ぶ者でありたいと願います。
PAGE TOP